おすすめ記事
現地スタッフから信頼を得る重要性とその方法

サワディーカップ、KB(けーびー)です!
KBってどんな人?と思った方はこちらの自己紹介ページをご覧ください。⇒KBってどんな人?

最近Instagramを始めました!
ブログに書いていない話なども投稿していこうと思いますのでよかったらフォローしてください^^
ID : bangkok_chuzai

海外駐在、海外で働くことになると必ず越えなければならない壁があります。それは「現地スタッフから信頼を得ること」です。本記事では僕がタイで働いたこの二年間自分なりに悩んで感じた、信頼を得る重要性、その方法についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

なんで現地スタッフからの信頼が必要なの?


駐在する役割や会社によって異なるとは思いますが、基本的には駐在すると現地スタッフしかいない組織の中で日本人一人で働くことになります。僕自身も数十人のタイスタッフに囲まれて日々仕事をしています。そんな中、会社から与えられるミッションを達成する必要があります。

人によっては結果を残してきた自分であれば、スタッフのサポートがなくても結果を出せると思われる方もいるかもしれません。ただ、それはおそらく難しいと思います。それには以下のような理由があります。

  1. 多くの方は部長や課長という役職で働くこととなり、まず仕事のボリュームが半端じゃありません。一人ですべてをこなすことは物量的に難しいと思います。
  2. 単純な業務のボリューム以外にも、駐在員では知りえないタイのビジネスにおけるマナーや、社内外のネットワーク等、知っておかないと仕事を進める上で大きな障害となってしまうようなことをスタッフは知っており、そのような情報が仕事のキーとなることもあります。

 

例えばタイでは、ビジネスパートナーに対して毎年新年になると、ニューイヤーギフトを用意して挨拶するという習慣があります。タイの方にとっては当たり前のことで、おそらくこの行為によりビジネス上での結びつきを強くするという目的があるのでしょう。もしタイのスタッフが何も教えてくれなかった場合、ビジネスパートナーだけがギフトを用意して自分たちは何も用意していないという最悪な状況になり、関係性を悪くしてしまう可能性もあります。これはタイスタッフから教えてもらわないと、なかなか知りえない慣習だと思います。

他にも、タイは日本と違って社内であろうが社外であろうが仕事上の付き合いがあれば、とても仲の良い関係性になります。スタッフを見ていても仲がいいなあ、日本人とは違うなあとつくづく思います。そのため、日本だと部署をまたぐ調整等が面倒で時間がかかるような話も、お互いの関係性の中で電話一つで簡単に済ませてくれたりします。これはタイスタッフのなせる業で、日本人にはなかなか難しいと思います。(もちろんタイ語がペラペラで色んなスタッフと良好な関係性を築くことができれば、可能だとは思いますが。)

以上のように、スタッフのサポートなくして一人でミッションを達成することはなかなか難しいです。そのため、スタッフから信頼を得て助けてもらえる関係性を作ることは非常に大事です。

アメリカから日本にやってきた若手上司と同じ?


信頼される方法のお話しをする前に、自分自身がスタッフからどう見られているかを意識することの重要性についてお話ししたいと思います。自分のことをどうすれば簡単に客観的に見るとき、僕の場合はいつも相手の立場になって考えるようにしています。

例えば今回の場合だと、自分が日本にある外資系企業に勤めるスタッフだとして、本国から自分と同じか自分よりも若い人間が上のポジションで自分の部署にやってきたとき、自分はどう思うか?ということです。本国から来たその外国人は六本木や品川に住んで、自分よりもいい給料をもらっているということは間違いないです。多くの人はおそらく、表面上は丁寧に接しつつも、心の中では本当に自分たちよりも価値ある仕事ができるのかな?といった疑いの目を持つことでしょう。(僕ってひねくれた性格ですか?(笑))

日系企業から他の国の現地法人に駐在すると、これと全く同じことがおこり、自分が本社からやってきた外国人という目で見られます。余談ですが、これは特に20代での駐在員には厳しいことで、まだ経験も実力もないのにそこそこのポジションを与えられるため、このような目で見られていることは大きなプレッシャーとなります…

結論、何がポイントかと言いますと、スタッフから上記のような目で見られているということを前提に、信頼される方法を考えることが重要だと僕は思います。

どうやれば信頼されるの?


では具体的な信頼される方法ですが、これは何も一つだけではなく、人の数だけあってもよいと思っています。ただ前提として「スタッフ、駐在先の国や文化へのリスペクト」が必要になります。これは日本人相手の時も同じで、誰からでも自分の故郷を褒められると嬉しいですよね。タイの人も、タイの国や食、観光地等を褒められると喜びます。嬉しいのはアメリカ人もヨーロッパ人もアジア人もみんな同じだと思います。そして、相手のバックグラウンドだけでなく、個々人特有の考え方もできるだけ尊重することも大事だと思っています。これも日本人と同じで、自分の考えを尊重されると嬉しいことに人種は関係ないということですね。

つまるところ、相手へのリスペクトからくる行動を続けていれば、おのずと信頼はついてくるのではないかというのが僕の考えです。(もちろん仕事はできないとダメですが。) 僕は日々できる限り彼らの文化に飛び込んで理解しようとすることを意識していますし、彼らの考えも頭ごなしに否定しないように気を付けています。このようなことをずっと続けてきたことで、僕の業務と関係がないことでもスタッフから相談されるようになりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は僕のタイでの経験をもとにお話ししましたが、このお話はタイだけでなく他の国でも同じだと思います。世界を股にかけてバリバリ働いている方々にとっては当たり前のことかもしれないですが、僕は始めはなかなか気づくことができず、スタッフとの関係性構築に苦労しました。スタッフとの信頼関係のことで悩まれている方、これから海外で働く予定がある、という方の参考に少しでもなればいいなーと思っています。一緒に良いやり方を見つけていきましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事