おすすめ記事
タイで売っている植物性ミルク(137degrees)を飲み比べしてみた。

サワディーカップ、KB(けーびー)です!
KBってどんな人?と思った方はこちらの自己紹介ページをご覧ください。⇒KBってどんな人?

最近Instagramを始めました!
ブログに書いていない話なども投稿していこうと思いますのでよかったらフォローしてください^^
ID : bangkok_chuzai

最近日本でも販売され始め、じわじわと人気が出てきているという「植物性ミルク」がタイでも販売されていました!飲んだことがなかったので、今回飲み比べをしてみました。皆さんも是非気になったら飲んでみてください!

スポンサーリンク

植物性ミルクって何?

通常ミルクというと、牛からとれた「牛乳」をイメージすると思います。しかし植物性ミルクは牛からとれたものではなく、その名のとおり「植物」からとれたミルクのことを言います。アーモンドや大豆等が有名ですね。

<どうやって作られているの?>
調べたところによると、大体は水に漬けたアーモンド等をミキサーで混ぜたり、煮込んだりすることでミルク状にするようです。こんな工程を経ていつも食べているアーモンドがミルクになるって不思議ですね。

<牛乳とどんな違いがあるの?>
当然材料によって細かい違いは出てきますが、以下のような共通的な特徴があると言われています。

  • 牛乳と比べてカロリーが低い。
  • 毎朝牛乳を飲む方多いですよね。毎日の飲み物のカロリーが少しでも低くなると嬉しいですね^^

  • 乳糖不耐症の方でも飲むことができる。
  • 乳糖不耐症とは、簡単に言うと牛乳に含まれる乳糖と呼ばれる成分をうまく消化吸収できず、下痢等になってしまう症状のことです。植物性ミルクには乳糖が含まれていないため、このような症状を持つ方でも飲むことができます。

  • 牛乳アレルギーの方(ヴィーガンの方)でも飲める。
  • 動物性のミルクにアレルギーのある方や、ヴィーガンの方でも飲むことができます。但し、ミルクの材料に別のアレルギー等がある場合はその限りではないですが…。

※上記はあくまで個人的に調べた情報となります。

対象の商品


今回比較するのはこの三つの商品(ピスタッチオ、クルミ、アーモンド)です!こちらは「137 degrees」と呼ばれるブランドで、Simple Foodsというタイの会社が製造、販売しています。日本でも販売されているようですが、おそらく別のディストリビューターが販売しているのだと思います。ちなみに、タイであればコンビニでもスーパーでもどこでも購入することができますよ!一本180mlなのでちょっとコンビニで買って一本飲めてしまいます^^

さらにこちらの商品は「No soy content」「No preservatives added」です。ヴィーガン、乳糖不耐症の方にもOKとしっかりと書いてありますね。

比較結果

今回三つの商品の飲み比べをした味の比較に加えて、それぞれの効能についても調べてまとめました。

商品説明効能
ピスタッチオナッツ類の中でもカリウムやオレイン酸等が含まれる、栄養価の高く、値段も高い食材。いい意味でピスタッチオ感があまり強くなくて飲みやすかったです。クリーミー?な味わいだったと思います。高血圧/むくみ防止、コレステロール値低下による生活習慣病の予防。
クルミビタミン、ミネラルが豊富な食材。飲むとクルミ特有の香ばしさが口の中に広がります。意外にも一番優しい味わいでした。コレステロール値、中性脂肪の低下による生活習慣病の予防、ポリフェノールによるアンチエイジング、高血圧の予防。
アーモンドビタミンE、ミネラルが豊富な食材。一番想像していたとおりの味がこれでした。三つの中で一番味がはっきりしていました。ビタミンEによる抗酸化作用、老化防止、美肌効果。ミネラルによる体調の安定化。

上記効能があると言えど、取りすぎは体に良くありません。ナッツ類に限らず、どの食材もバランスよく摂取することが大事ですね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?アレルギー、ダイエット、美容に悩まれている方は、是非137degreesを一度飲んでみてください。タイ在住の方、日本在住の方両方におすすめです!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事