おすすめ記事
タイ駐在員の仕事事情

サワディーカップ、KB(けーびー)です!
KBってどんな人?と思った方はこちらの自己紹介ページをご覧ください。⇒KBってどんな人?

駐在員って毎日どれくらい仕事してるの?と思われる方が多いと思います。
本ページではタイ駐在員のリアルな仕事事情についてお話しします!
(※所属している会社や業務によってバラバラだとは思いますので、あくまで一例としてお読みいただければ幸いです。)

スポンサーリンク

毎日どれくらい働いているの?


時期によってバラバラですが、だいたい7時~19時まで働きます。
僕の勤務先は8時~17時が定時なので、毎日残業時間が3時間くらいです。
また土日は休みですが、平日の会食や出張者のアテンド業務等により仕事が終わらないことが多いので、よく仕事をしています。

僕の場合は日本にいた頃よりも仕事のレベルが高くなり、範囲も広く、また責任も重くなったため、忙しくなりました。
仕事内容が大きく変わった理由としては、日本にいた頃は平社員として働いておりましたが、こちらでは部下を持つマネージャー職として働くこととなったためです。
おそらくこれは全駐在員に共通することだと思いますが、駐在すると日本でいた時よりも職務ランクが上がります。
日本からわざわざ駐在させるためには、現地での生活費や保険代等日本で雇用するよりも高い人件費が発生するため、その人件費に見合う、より高度で重要な仕事をさせたいと会社は考えるからです。(もちろん理由はこれだけではありません。)
そのため、日本にいた時よりも日々仕事に追われるようになります。(僕がうまくマネジメントできていないだけの可能性もありますが、、、)

タイでの仕事は楽しい?


結論から言うと、KBは楽しんでいます。
楽しいというよりも正確には「やりがいがある」といった方がよいかもしれません。
僕が「楽しい」「やりがいがある」と感じる理由は三つあります。

①より大きな権限をもって自分がやりたいように仕事ができるから。

上述のとおり日本で働いていた時よりも、より上のポジションで仕事ができます。
そのため自分だけで物事を決断できる範囲が広くなり、日本よりもスピーディでかつ自由度が高く仕事ができているように感じています。

②責任のある立場で仕事ができるから。

ポジションが上になり責任が重くなった分、失敗が許されないため精神的につらいこともあります。
しかし言い換えるとそれだけ重要な仕事を任せられているということで、やりがいを感じることができています。

③異文化コミュニケーションにより異なる価値観を知れる。

タイと日本で同じアジア人ではありますが、やはり価値観で異なる部分が多々あります。
例えば日本人の多くは、プライベートよりも仕事の予定を優先する方が多いかと思います。
私もそうで、仕事が終わっていなければプライベートの予定があったとしても、仕事が終わるまで家には帰りません。
一方で、タイの方は仕事よりプライベートを大事にするので、どれだけ仕事が残っていても予定があれば帰る人が多いです。(もちろん人によります。)
これはあくまで一例ですが、このように一緒に仕事をしていると価値観の違いを感じることがあり、結構面白いです。
(この価値観のギャップのために、仕事では大変苦労するのですが。。。。)

ちなみに僕は20代で海外駐在していますが、得られるものもたくさんありますし、一方で失うものもあると思っています。
そんなメリットデメリットについてもこちらの記事にまとめているのでよかったら閲覧ください^^

タイでの仕事大変?


仕事はとても大変です。上述のとおり、忙しいということもありますが、それ以外の理由としてタイ人との価値観のギャップ、言語の壁の二点があります。

①価値観のギャップ

色々ギャップはあるのですが、日本人との大きな違いはスケジュールに対する意識です。
ご存知の通り日本人はおそらく世界でもっともスケジュールに厳格な民族です。
一方タイ人はその正反対で、スケジュールが遅れても「マイペンライ」です。
これは仕事でもプライベートでも同じで、タイの友達と遊ぶ約束をしても100%時間通りに来ません。(笑)
そのため、スケジュールを守ることの重要性についてタイ人に理解してもらうことが、非常に重要になってきます。

②言語の壁

僕は会社では基本的には英語話しているのですが、あまり英語がペラペラ話せるわけではないことに加えて、タイ特有の英語の発音に慣れるのに時間がかかりました。
これは実際に聞いてみないと分からないのですが、タイ特有の英語の発音で、何を言っているか理解するのが難しいです。。
また、スタッフ全員が英語を話せるわけではないので、タイ語も話せる必要があります。
が、タイ語は発音が非常に難しく、そう簡単には習得できません。
そのため、仕事でスタッフとやり取りするときの言語の壁は非常に大きく、この壁を乗り越えることが非常に重要になってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
海外で働くことはハードですが、その分得られるものも大きいですし、やりがいをもって仕事ができます。
また、異文化コミュニケーションをとおして、自分たちの価値観がいかに外国人のものと異なるということを知れるのもよい経験だと思います。
本記事をとおして駐在員として海外で働くことの興味を持っていただけたら嬉しいです。

海外で働くための方法については以下の記事にまとめていますので、よかったらご覧ください~。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事