おすすめ記事
バンコクでの移動手段

サワディーカップ、KB(けーびー)です!
KBってどんな人?と思った方はこちらの自己紹介ページをご覧ください。⇒KBってどんな人?

バンコクでの交通手段をどうすればよいか悩まれたことがあると思います。
特に旅行者の方はどうやって移動すればよいか、困る方もいらっしゃると思うので簡単に移動手段をまとめてみました!

スポンサーリンク

電車

一つ目は電車です。
電車には二種類ありモノレールタイプのBTSと、地下鉄タイプのMRTがあります。
これは日本の電車と基本的には同じで、チケットを買って行き先に向かうだけです。
日本と違って券売機でチケットを購入する際は、硬貨でしか購入することができません。
もし硬貨がない場合は、窓口がありますのでそちらで紙幣で購入することもできます。

日本よりもかなり格安で、例えば50分くらい乗っていても200円は超えないし、簡単な移動手段なのでオススメです。

電車はクーラーがガンガン効いているので(たぶん設定温度は18度くらい)、上着はあった方が良いです。
電車の駅には基本的にはトイレがついていないので要注意です。

流しのタクシー/バイク

二つ目は流しのタクシー/バイクを使っての移動です。
記載のとおりで、走っていたり止まっていたりするタクシー/バイクに声をかけて、行き先を伝えて移動する方法です。
英語が話せる運転手もいますが、基本的にタイ語で話さないとメーター(※)を使わず、運賃が言い値となってしまい、割高な金額を請求されることが多いです。
また正しく行き先が伝わらず、間違った場所に連れていかれる、もしくは乗車拒否されることもあるので、方法は少し難易度が高くなります。

※日本と同様メーター機能がついており、初乗りは35THB(約100円)となっています。日本に比べて圧倒的に安いのが売りです。

Grabタクシー/バイク


三つ目はGrabと呼ばれる神配車アプリを使ったサービスを利用した移動です。
使いかたは簡単で、移動方法を選択し、行き先を入力して、後は自分がいる場所に運転手が到着するのを待つだけです。

移動方法を選択する。(配車サービス以外にも、実はUberEatsのようなサービスもあります。)

行き先を入力する。(自分が今いる場所は自動的に入力されます。)

予約ボタンを押し運転手が到着するのを待つ。
<

予約した時点で金額、到着目安時間、到着するドライバーと車が確定します。
ドライバーの顔写真と車のナンバーも分かるので、どの車が自分が乗る車かは一目瞭然です!
万が一わからない場合は、運転手とチャットや電話が可能なので今どこにいるかお互い説明することもできます。
(基本的に運転手は英語でのやり取りができます。(あくまで僕の経験に基づくものですが。))

Grabを使えば、タイ語、英語が話せなくてもタクシーに乗ることができるので、旅行者にとっては非常に便利なアプリだと思います。
ただし、メーターを使った流しのタクシーよりは少しだけ金額が高くなるのでその点だけ注意です。(数十バーツ程度なので大して気にならないですが。)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

交通手段は色々ありますが、やはり電車かGrabタクシーを使うのが旅行者には手っ取り早くて簡単だと思います。
特にGrabタクシーは便利なので是非使ってみてください!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事