おすすめ記事
タイのマナー、注意事項集完全版

サワディーカップ、KB(けーびー)です!
KBってどんな人?と思った方はこちらの自己紹介ページをご覧ください。⇒KBってどんな人?

日本からの海外旅行訪問先ランキングで常に上位にランクインしているタイですが、日本とは異なるマナー、注意事項がたくさんあります。
海外の国を訪問する際は、一人ひとりが日本人代表という意識をもち、日本人のイメージを下げないためにもマナーを理解したスマートな行動を心掛けたいですね。
本記事ではタイの最低限抑えておくべきマナー、注意事項をまとめましたので、是非一読ください!

スポンサーリンク

サービスを受けたらチップを渡す。

タイにはチップ文化はないと言われる方もいますが、私は存在していると思います。
特にレストラン、マッサージ、ホテル、ゴルフに関してはチップの相場を知っておく必要があると思いますので、要チェックです。
なお基本的なチップの考え方ですが、提供してくれたサービスに対して「あなたのサービスに満足しました。ありがとう。」という気持ちを伝えるのが、チップを渡すという行為です。
そのため、チップの金額には特に決まりもなく、絶対に渡さないといけないというわけではありません。
ただ決まりはないといはいえど相場は存在しているので、以下参考にしていただければと思います。

  • レストラン
  • サービス料金が代金に含まれているお店と含まれていないお店がありますが、含まれていないお店についてはチップを払った方が良いです。
    ざっくりトータル金額の10%がチップの相場です。
    サービス料金が含まれている、含まれていないの見分け方ですが、領収書にService Chargeの文字があるかどうかで判断ください。

    ↓Service Chargeに関する表記がないため、チップを払った方が良いケース。

  • マッサージ
  • マッサージ屋ではチップは基本的にはマストだと考えてください。
    チップをあげないという行為は、「あなたのサービスには満足しませんでした」という意味になります。
    では金額感はどうかといいますと、高級店と通常店で異なります
    高級店(1時間千バーツ以上くらい)の場合は、200、100バーツくらい、通常店(1時間数百バーツくらい)の場合は、20,50,100バーツくらいが妥当かなと思います。
    上記はあくまでKBの感覚なので、これがすべて正しいというわけではありません。
    そのため多少人によって高い安いはあるとは思いますが、基本的にチップ無しはありえないのでご注意ください。
    ただし、サービスに満足しなかった場合は渡す必要はないと思っています。
    よかった!と思えば是非感謝の気持ちとして渡してくださいね!

  • ホテル
  • 人によってマチマチだとは思いますが、KBがホテルに泊まった時は、部屋を掃除してくれた人への感謝の気持ちとして、毎日ベッドサイドに20バーツを置いています。
    ベッドメイクもサービス代に含まれている、と考える人もいると思いますので、チップを置かないのもありだとは思います。

  • ゴルフ
  • タイでゴルフをした際は、100%キャディーさんがついてくれます。
    そのキャディーさんへの感謝の気持ちとして最低300バーツあげるのが基本的なルールです。
    サービスがよかったり、可愛いなと思ったら400バーツでも500バーツでも問題ないです。
    逆にサービスが悪いと感じた場合は、200バーツに下げるのも問題ないと思います。

レストランでの支払い

日本と違いレジ前で支払いは行わず、席でお金を支払います。
そのため支払いの際は、「チェックビンドゥアイ(お会計お願いします)」といえば、支払金額を教えてくれます。

麺をすするとき音をたててはいけない。

食事に関するマナーですが、タイでは日本と違って麺をずるずると音を立ててすすることは汚い食べ方とされています。
店員さんに「汚い!」と思われないようにも、音を立てずにスマートに食べましょう。

容器に口をつけてはいけない。

タイでは飲み物を買ったときに必ずストローがついてくると思います。
それは容器に口をつけることが汚いとされているため、皆ストローで飲み物を飲んでいます。
スープも同じで、日本の場合はお椀を口の近くにもってきて飲むことがあると思いますが、タイではスプーンですくって飲みます。
絶対に口をつけてはいけないというわけではないですが、店員や他のお客さんに汚い食べ方と思われる可能性があります。
(外国人が多い国なので、そこまで神経質になる必要はないとは思いますが・・・)

アルコールに関するルール

タイではアルコールの販売日と販売時間にルールがあります。
毎日11時~14時、17時~24時のみお酒をお店で飲む、購入することが可能です。
また、年間数日間「禁酒日」が存在し、その日は終日お酒をお店で飲む、購入することはできません。
(どれだけお願いしても売ってくれません。売った場合、そのお店が罰せられることになるからです。)
旅行される際は要注意ください。
なお、販売期間外や禁酒日であっても、既に購入している場合は飲むことは可能です。

人前でタイ人を叱ってはいけない。

もちろん人によるとは思いますが、基本的にはプライドが高いタイ人が多いです。
そのため、人前で叱るとプライドを深く傷つけられたということで後々面倒なことになります。
会社のケースでいうと、次の日から出社しなくなる、復讐される等、タイ人を叱るときはかなり慎重に行った方が良いです。
叱るときは、二人だけの個室で注意するようにしましょう。

ちなみに僕は立場上マネージャーなのですが、年齢は部下よりもかなり若いです。
そのため注意するときはプライドを傷つけないよう言葉を慎重に選びながら行っています。
(今のところ刺されてはいないのでやり方は間違っていないように思われます。苦笑)

頭を撫でてはいけない。

タイでは頭は神聖なものとされているため、頭を気安く撫でることはよくないとされているそうです。
が、KBは撫でたことがないため、正直なところ本当かどうかはわかりません。
カップルの男性が女性の頭をポンポンとしているところも見たこと上がるため、そこまで神経質になる必要はないのかもしれません。

毎日AM8時、PM6時に国歌が流れている時は立ち止まる。

タイでは、毎日AM8時とPM6時にそれぞれ一分間国歌が流れますが、流れている間は立ち止まる(座っているときは起立)必要があります。
どんなにぎやかな場所でも急に静かになるため、初めは驚くと思いますが、これはタイの慣習となっています。
タイ国民は皆王室を尊敬しており、この慣習は王室に対する敬意を払う行為と言えます。
国家が流れているときに何も知らずに話しながら歩いている外国人がいますが、タイ人から白目で見られているため、自分がそうならないようお気を付けください。。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事